カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの組み合わせ

カリモク60 ソファ Kチェアを快適に使うのにオットマンを勧める理由


カリモク60のソファとしての定番Kチェア。

このKチェアをさらに快適に使うアイテムとして最もお勧めしているのが同じくカリモク60シリーズのオットマンです。

なぜオットマンをお勧めするのか今回はその理由についてお話しして見たいと思います。

まずカリモク60 Kチェアだけでは快適ではないのか?

オットマンを勧めるにあたって疑問に思う点だと思います。

もちろんKチェアだけでも快適なことに間違いはありません。

Kチェアの全体のサイズ感はコンパクトなのに対し、座面の幅や奥行きはゆとりある設計になっているので長時間座っていてもストレスを感じにくくなっています。

ですが、ソファは座っていると必ずしも同じ体制でいるとは限りません。

例えば足を曲げた状態から少し足を伸ばしたくなったりするものです。

そんな時2シーターであれば横になったりもできますが、2シーターに2人で座っていてはそれもできませんし1シーターであればなおさらできないことです。

そんな時に活躍するのがこのオットマンです。

カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの組み合わせ
カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの組み合わせ

ソファに座りながら足を伸ばしてリラックスした体制が楽に取れます。

長時間のドラマや映画などを楽しむためには楽な姿勢である方がより内容に没頭して楽しめます。

ただし足を乗せるだけと言っても硬すぎたりソファの座面の高さにマッチしていないと使いにくくなってしまいます。

ですがKチェアに合わせるのに同シリーズのカリモク60 オットマンを使えばそんな心配はいりません。

よく同じカリモク60の中のスタッキングスツールはオットマンとして使えないのかというお客様からの問い合わせをいただくことがあります。

正直申し上げますとKチェアにスタッキングスツールをオットマン代わりとして使うことはお勧めできません。

カリモク60 ソファ Kチェアとスタッキングスツールの組み合わせ
カリモク60 ソファ Kチェアとスタッキングスツールの組み合わせ

カリモク60+のスタッキングスツールは主にダイニングテーブルに合わせて作られていますにで、オットマンの高さが35.0cmなのに対してスタッキングスツールは43.5cmと座面が高めになっています。

カリモク60 オットマンとスタッキングスツールの高さの比較
カリモク60 オットマンとスタッキングスツールの高さの比較

もちろんリビングでも使えないことはありません。

スタッキングスツールは背もたれのない椅子として考えればオットマンよりも軽量で用途の幅も広いことは事実です。

ですがやはりKチェアに合わせてオットマンとして使うのにはスタッキングスツールは足が上がりすぎてしまいKチェアに座りながらでは足を乗せることもままなりません。

カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの使い勝手
カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの使い勝手

それに対してオットマンはボタンデザインということもありKチェアとの見た目のバランスもいいですし、何よりKチェアに座りながらオットマンに足を乗せた時の快適さはさながらカウチソファのようだとも言えます。

カリモク60 ソファ Kチェアとスタッキングスツールの使い勝手
カリモク60 ソファ Kチェアとスタッキングスツールの使い勝手

実際カウチソファはその快適さから非常に人気も高いアイテムです。

ですが一般的には占有面積が広くなるのでお部屋自体が広くなければ置くことが困難なアイテムが多いです。

もちろん広いお部屋で大きなカウチソファで寛ぐのは憧れます。

ですがどんなに広い部屋だからと言っても家具は大きすぎると今度は圧迫感が強くなってしまい、せっかくの広い部屋でも見た目には狭く感じさせてしまうことさえあります。

それではせっかくこだわって揃えたインテリアでも台無しだと思います。

見た目にも使った感じにも快適であってこそインテリアを楽しめるのだと思います。

さらにオットマンを勧めるポイントがあります。

それは1シーターとの組み合わせから得られるプライベート空間の特別感だと思います。

ソファは大きいほど寛ぎやすいのはもちろんなのですが、ふとした時に狭い空間が落ち着く時があるかと思います。

まぁ例えは悪いかもしれませんが個室のトイレなどが良い例かもしれません(笑

あの空間が落ち着くのって決して広い空間だからではないですし、一人になれて静かで余計なものが目に入らないからだと思うのです。

そんな空間をトイレじゃなくてちゃんとした空間で味わえたら素敵だと思います。

仕事やご家庭でのバタバタとした時間が過ぎたなら自分のプライベートな時間を堪能したい時もあるかと思います。

Kチェア1シーターとオットマンを組み合わせてゆっくり読書をしたり映画を見たり音楽を聴いたりして気分をリフレッシュしたい。

私自身も一人がけの椅子に座りながらコーヒーを豆から挽いてこだわって買ったレコードプレーヤーで音楽を聴きながら照明を落として暗がりで読書をしたりしています。

カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの組み合わせで作るプライベート空間
カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンの組み合わせで作るプライベート空間

そんなに広い空間は必要なくて、あの空気感やちょっとした特別感が疲れを取ってくれます。

Kチェア1シーターとオットマンの組み合わせは場所も必要としないので、部屋の隅にレイアウトされるだけでもそこに存在感が生まれ見た目にもおしゃれになります。

またこの他にもオットマンを勧めるポイントがあります。

それはオットマンの汎用性の高さです。

急な来客時、ソファに座ってもらうのか床に座ってもらうのかとっさに悩んでお互いに遠慮してしまうこともありますよね。

カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンを組み合わせてゲストをもてなす
カリモク60 ソファ Kチェアとオットマンを組み合わせてゲストをもてなす

そんな時にオットマンがあればサッと移動ができるので自分がオットマンに座ってすぐに立ち座りができる状況にして、ゲストをもてなすことがしやすくなります。

足を乗せても痛くない程良いクッション性のあるオットマンはもちろん座っていてもお尻が痛くなることもありませんし、Kチェアに座っている人とも目線が合いやすく会話に支障をきたしません。

背もたれのない簡易椅子といった印象です。

これが大きなカウチソファだとカウチを移動することは重過ぎてしまったりするので困難なことですね。

ちなみに、意外とありがちなのが女性の方でリビングで化粧をする方にもオススメだったりします。

リビングテーブルってソファに合わせた高さだったりするので、ソファに座りながら化粧をされる方もいらっしゃるかと思います。

ソファに化粧品をこぼしたり、はたまた鏡が遠くて鏡を片手で持ちながらもう片方の手で化粧をしたりしている方も少なくないかと思います。

オットマンはソファよりは少し低めでお尻も痛くならない、リビングテーブルとの相性も良いのでオットマンに座りながらリビングテーブルに化粧道具を置いてメイクされるとベストな形だと思います。

朝の忙しい時間に両手を使ってバッチリメイクされてはいかがでしょうか?

この他にもオットマンは使い方がたくさんあります。

ご自分の生活リズムやふとした時にここにオットマンがあったらどうなのか一度振り返って見てはいかがでしょう?!


The following two tabs change content below.
ヨシタ
趣味嗜好:JAZZ、レコード、旅行、家電、LCW、辛みそラーメン、細か過ぎて伝わらないモノマネ

この記事のライターに直接メッセージを送れます!
お気軽にどんどん送ってください!(メッセージは公開されません)

ニックネーム

メールアドレス

メッセージ

確認画面は表示されずに送信されます。この内容でよろしければチェックをしてください。