新築マンションのリビングに合うソファの選び方

新築マンションのリビングで使うソファを選ぶ時には何を基準に選ばれますか?

本革のソファ、布製のソファなど素材から選ばれるのか?

ブラック、ブラウン、ホワイト、ベージュ、ブルー、ネイビーなど色で選ばれるのか?

一人がけ、二人がけ、2.5人がけ、3人がけ、カウチソファなどサイズなどで選ばれるのか?

ざっくりとソファの選び方を考えただけでも選択肢は無数に出てきてしまいますね。

新築マンション
出展:http://suumo.jp/

インスタグラムRoomclipなどでもでソファと検索するとおしゃれな方のお部屋がたくさん出てきますよね。

当店にもお客様のお部屋紹介ページがございます。

カリモク60 ソファ Kチェアスタンダードブラックのある小物使いが冴え渡るオシャレインテリア
カリモク60 ソファ Kチェアスタンダードブラックのある北欧風インテリア

まずは自分の好みを決められると良いと思います。

そして現実的にサイズ感や新築マンションの内装とのバランスを決めていけば良いのです。

インテリアにはテイストと言ういわゆる全体の雰囲気が重要になります。

例えばミッドセンチュリースタイル、カフェインテリアスタイル、インダストリアルスタイル、アウトドアスタイル、ボヘミアンスタイルなどテイストは様々なものがあります。

好みのテイストが決まればあとはそれをいかに形にしていくかになります。

インテリアの中でもソファは好みのテイストを最も象徴するアイテムになることでしょう。

これは一人がけや二人がけなどの大きさに関わらず、ソファは部屋の中でも目を惹く存在だからです。

そして好みのテイストが決まれば、自ずと部屋全体のベースカラーが決まってくるかと思います。

大人っぽいインテリアで好みがウォールナットのようなブラウンカラーであったり、北欧のようなグレーやネイビーなど。

テイストを象徴するメインカラーが決まります。

そして最後に現実的になってくるのはソファのサイズ。

新築マンションにソファを選ばれる方の多くが、ソファを置くことで部屋が狭くならないかが心配だそうです。

確かに部屋の広さに合わない大きすぎるソファは生活の動線を圧迫しますし、何より部屋に入った時に圧迫感があるのは常に部屋を狭く見せてしまいます。

また搬入経路の問題などからそもそも部屋に搬入することができずに諦める場合もあるそうです。

せっかくお気に入りのソファを見つけたとしてもここで諦めるようになるのはとても悲しいことですね。

現実的なサイズの問題についてはやはりコンパクトなソファを選ぶしかありませんが、サイズを優先するあまりデザインを妥協しては意味がありません。

カリモク60Kチェアとロビーチェアのアームの違い
カリモク60Kチェアとロビーチェアのアームの違い

しかしながらカリモク60のソファKチェアはサイズもコンパクトながらデザイン性も高く、木のアームの線の細さから圧迫感も軽減されているので存在感はあっても圧迫感を感じさせません。

また同じくカリモク60のソファの中でも3シーターの大きなサイズまであるロビーチェアは、全体的な高さが低いので部屋に置いたとしても視界を遮らずにお部屋を広く感じさせます。

大きめのソファをどうしても使いたいという方はカリモク60のロビーチェアやローソファを検討されると良いかもしれませんね。

 

差し色が活かされた部屋のカリモク60 ソファ Kチェア モケットグリーン
差し色が活かされた部屋のカリモク60 ソファ Kチェア モケットグリーン

Kチェアは1シーターと2シーターしかありませんが、コンパクトな設計なので後で1脚を買い足ししてレイアウトを変えて使うなど長く使うことを前提に考えればベストな選択とも言えるかもしれませんね。

そしてサイズやデザインの他にも忘れてはならないソファを選ぶポイントをご紹介します。

それは耐久年数と保証です。

この2つの要素は深く関連しています。

耐久年数は使い方などによってばらつきも出るので一概には明言されませんが、そこには保証期間という耐久性を推し量る目安が存在します。

つまりメーカーが耐久性に自信を持っているからこそ、長期の保証をすることができるのです。

よくソファなどでも保証期間が3ヶ月や1年を目にすることがあります。

ですがソファは一度購入したら長く使いたいものです。

3ヶ月や1年で壊れてその度に買い換えることはほぼあり得ないでしょう。

そんな中カリモク60は3年間の保証が付いています。

これもカリモク60では耐久性テストを実施しているからこそ自信を持ってこれだけの長期保証をつけることができるのです。

例えばカリモク60のKチェアでは60kgのおもりを6万回落下させ、外観と内部の変化を測定しています。

カリモク60 Kチェアのメーカーによる耐久試験の様子
カリモク60 Kチェアのメーカーによる耐久試験の様子

ロングライフデザインでもあるカリモク60を長く使って欲しいからこそ、これだけの厳しいテストを実施しているのです。

そしてさらにもう一つソファを選ぶポイントは万が一故障した場合でも修理ができるかどうかです。

ソファは長く使っていれば必ずクッションはヘタリます。これはどんなに厳しいテストをしているカリモク60のソファKチェアでも同じことです。

ですがKチェアにはパーツ販売が存在します。

カリモク60 Kチェア2シーターのパーツ
カリモク60 Kチェア2シーターのパーツ

もし長く使っている中で故障したり、クッション性が失われてしまったとしても背もたれと座面がパーツ単位で販売されているのでいつでも新品同様に戻すことができます。

ソファは購入してから買い替えるということはほぼありません。

新築マンションへの引っ越しに限らず、ソファを検討されるなら長く使えるものを検討されることをお勧めします!

The following two tabs change content below.
ヨシタ

ヨシタ

webマネージャー
趣味嗜好:JAZZ、レコード、旅行、家電、LCW、辛みそラーメン、細か過ぎて伝わらないモノマネ

この記事のライターに直接メッセージを送れます!
お気軽にどんどん送ってください!(メッセージは公開されません)

ニックネーム

メールアドレス

メッセージ

確認画面は表示されずに送信されます。この内容でよろしければチェックをしてください。