カリモク60 Kチェアとロビーチェアのサイズ比較第1弾
ヨシタ

カリモク60のソファの中でも2大人気を誇るKチェアロビーチェア

見た目にはどちらにしようか迷われてしまう方が非常に多いです。

でも実際にソファを使うことを想像してみてください。

ソファに座って長い時間同じ体勢でいることってほとんど無いと思います。

2時間の映画を観たり、ゲームをしたり、読書をしたり、何をしていても気がつけば最初と最後では体勢が変わっていることも多いはず。

そこで今回はソファでの姿勢を意識して、カリモク60の2大ソファのサイズ感を比較してみました。

席を立ったり座ったりするのではなく、座りっぱなしだけど自然と体勢を変えてしまう。

座りにくいからじゃなくて楽な姿勢を自然と探してしまうから。

楽な姿勢と言えば多くのヒトが「横になる」という答えに行き着いてしまいますよね。

もちろん座り心地も大切ではありますが、姿勢を変えたとしてもその度に心地よく自然に受け止めてくれるソファが最も理想的と言えるかと思います。

もはや『座り心地』ではなく『居心地』と言えるのかもしれません。

と言う訳で実際に横になってみました。

まずはKチェア2シーター

カリモク60 Kチェアで横になってみました

カリモク60 Kチェアで横になってみました

続いてロビーチェア3シーター

カリモク60 ロビーチェアで横になってみました

カリモク60 ロビーチェアで横になってみました

いかがでしょうか?

クッションがあれば枕代わりに置いて使ったりしてもより快適に過ごせます。

カリモク60 ロビーチェアでクッションを枕代わりに横になってみました

カリモク60 ロビーチェアでクッションを枕代わりに横になってみました

カリモク60 Kチェアでクッションを枕代わりに横になってみました

カリモク60 Kチェアでクッションを枕代わりに横になってみました

Kチェア2シーターの方は真っすぐと体を伸ばすには少しサイズが足りません。

どうしてもアームに足を乗せる格好になりますが、ロビーチェアが3シーターということもあり全体のサイズが大きいこともありますがほぼ真っすぐ横になることが出来ます。

Kチェアにはない3シーターまであるロビーチェアだからこその利点と言えます。

ソファは家具の中でも長く使うし、日々の生活の中で最も使うことの多い家具です。

カフェであればお客様が入れ替わり立ち替わりに座ったり立ったり、最も酷使される家具になります。

耐久性やメンテナンスの簡単さも重要なポイントですが、ライフスタイルの中で最も使う家具「ソファ」だからこそいいものを選びたくなるのが人間の心理だと思います。

家族構成が変わったり、住む所が変わったりと環境の変化があってもその度にソファを買い替えるのは現実的ではありません。

ライフスタイルが変わっても使う家具は変わらないのが理想的ですよね。

『座り心地』だけでなく『居心地』を考えたソファの選び方。

ヒントはご自身のライフスタイルにあるものです。

ソファを検討されているなら、一度横になったときを想像したりサイズを測ってみると迷いが少しでもなくなるかもしれません。

この記事に登場した商品

    メッセージを送る

    メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



    ページトップへもどる