見た目にも美しいダイニングチェアならパントンチェアがおすすめ

スタッキングもできるアートなダイニングチェア「パントンチェア」

ダイニングチェアを選ぶ時って何を基準に選ばれていますか?

座り心地、サイズ感、価格など現実的な要素を気にされる方も多いかと思います。

もちろんそれも間違いではありません。

ですが現代の住宅事情を考えるとさらにもう一つ気にしてほしいポイントがあります。

それは見た目です。

おおよそ今の注文住宅や建売、マンション、アパートなど建物に関わらずLDKにお住いの場合はリビングとダイニングが連なり、リビングにいながら必然的にダイニングが見えている環境の方が圧倒的に多いはずです。

そんな時に、ダイニングのセットがどこか気に食わない見た目では気になって仕方ありません。

また、友人を招いた時などでも自分が気に入ってない部分を人に自慢して見せることはありません。

自分が気に入っているからこそ自慢したくなるし、他の人にも見て欲しくなるものです。

使って気持ちがいいのは当たり前で、見た目にも気持ちのいいインテリア選びが非常に重要なポイントになります。

今回はダイニングチェアにスポットを当ててオススメのアイテムについて語って見たいと思います。

今回ご紹介するアイテムはヴェルナー・パントン(Verner Panton)によるデザインの「パントンチェア」

ヴェルナー・パントン(Verner Panton)によるデザインの「パントンチェア」
ヴェルナー・パントン(Verner Panton)によるデザインの「パントンチェア」

プラスチックの一体成型でカラーバリエーションが魅力的なチェアです。

実はこのパントンチェアは世界で初めてプラスチックによる一体成型された椅子として知られています。

元々は1960年に作られたのですがデザイン性の高さから今でも世界的に高い評価を得ています。

背もたれから足元にまで流れるような曲線美はもはやアートのようです。

当時素材にはFRPと呼ばれるイームズのビンテージ品にも使われていた素材が使われていました。

現在では環境にも配慮された軽くて価格も抑えることができるポリプロピレン製になっています。

イームズは現在ではFRPポリプロピレン製のどちらも製造されています。

デザインされた当時、デザイナーであるヴェルナー・パントン(Verner Panton)は「好きな色の上に座ることでよりリラックスできる」と考えたことから、パントンチェアをデザインしている当初からカラフルなカラーを施していたそうです。

では実際に座って見た感覚はどうなのか?

いくら見た目に優れていたとしても座っていて居心地が悪くては元も子もありません。

ですがパントンチェアはプラスチックによる一体成型の椅子なので、座ってみると程よくしなり体を支えてくれますし背もたれが背中を覆うようにカバーしてくれるので座り心地も申し分なく快適と言えます。

パントンチェアは絶妙なしなり具合で座り心地も快適です
パントンチェアは絶妙なしなり具合で座り心地も快適です

さらにパントンチェアはアウトドアでも使用可能で、ガーデンチェアとしてカフェテラスやベランダなどでも使うことができます。

普通であれば日焼けしてしまい色褪せてしまったりするのですが、Vitra(ヴィトラ)で作られているこのパントンチェアの正規品には紫外線による退色を遅らせる特殊な加工が施されています。

パントンチェアの素材感はさらっとした手触り
パントンチェアの素材感はさらっとした手触り

実はこのパントンチェアはその見た目のかっこよさから人気を得ていますが、イームズチェアと同様にリプロダクト品も多数存在します。

ですが、一体成型の構造を真似て作っていたとしても素材の違いや椅子の厚み、カーブなどは本物とは微妙に異なります。

一見してリプロダクト品と分かるものもありますが、精巧に作られているものもあります。

正規品にはヴェルナー・パントン(Verner Panton)のサインが刻印されているので簡単に見分けがつきます。

パントンチェアにはデザイナーであるヴェルナー・パントン(Verner Panton)のサインの刻印が施されている
パントンチェアにはデザイナーであるヴェルナー・パントン(Verner Panton)のサインの刻印が施されている

リプロダクト品を実際に使っていたことのある方のお話を聞いてみるとある日突然割れてしまったという話を聞くことがあります。

正規品だから絶対に壊れないということはありませんが、間違いなくリプロダクト品よりは長持ちすると思います。

事実、正規品のパントンチェアは数多くの公共機関やカフェなどでも使用されています。

また実際に所有した時の満足感は正規品の方がありますね。

さらにこのパントンチェアにはもう一つの機能が備わっています。

それはスタッキングが可能だということです。

パントンチェアはスタッキングもできる
パントンチェアはスタッキングもできる

普段ダイニングチェアとして使っていればスタッキングして収納するシーンは少ないかもしれませんが、来客用の椅子として多めに所有していたり、家族構成が変わって使用しなくなった時などにスタッキングして収納しておくことができます。

またパントンチェアには少しサイズの小さいパントンジュニアも存在します。

パントンチェアにはパントンジュニアもあるので子供とお揃いにできる
パントンチェアにはパントンジュニアもあるので子供とお揃いにできる

小さいお子さんと同じデザインの椅子に座って同じ時間を過ごせるのはそれだけでとても贅沢な時間になることでしょう。

さらにパントンチェアにはヴェルナー・パントン(Verner Panton)の「好きな色の上に座ることでよりリラックスできる」考えのもとに限定色が登場しています。

2017年の限定色は「サンライト」

期間限定のパントンチェア サンライトは発色のいいイエロー
期間限定のパントンチェア サンライトは発色のいいイエロー

純粋なイエローで自然のグリーンにとてもよく映える綺麗なカラーリング。

テラスなどアウトドアでも活躍する色です。

このパントンチェアサンライトは、「Vitra Home Stories for Springキャンペーン」の限定カラーで、2017年8月31日(木)までの販売となります。

限定色などカラーが豊富なパントンチェアを使えば様々なインテリアシーンにも合わせやすく、自分だけのインテリアを形にできますね。

ぜひダイニングチェアを決める際には座り心地などの現実的な要素だけでなく、見た目にもこだわって見てはいかがでしょうか?!

The following two tabs change content below.
ヨシタ

ヨシタ

webマネージャー
趣味嗜好:JAZZ、レコード、旅行、家電、LCW、辛みそラーメン、細か過ぎて伝わらないモノマネ

この記事のライターに直接メッセージを送れます!
お気軽にどんどん送ってください!(メッセージは公開されません)

ニックネーム

メールアドレス

メッセージ

確認画面は表示されずに送信されます。この内容でよろしければチェックをしてください。