チャールズ&レイ・イームズ

イームズ夫妻があのアニメ映画の劇中に登場してる?

みなさんエウレカセブンというアニメはご存知でしょうか?

音楽とファッションが融合された作品として、欧米ではエヴァンゲリオンをも凌ぐほどの人気だそうです。

2017年9月より全国で公開された2017年 交響詩篇エウレカセブン ハイエボリューションにあのイームズ夫妻?らしき人物が登場していました!

そもそもこの交響詩篇エウレカセブン(こうきょうしへんエウレカセブン)、今から12年も前からアニメ放送が開始され今なおこうして劇場版映画が公開されるほど根強い人気の作品。

ゲームにもなっていたりと実際、当時大学生だった私自身を含め友人たちの間でも人気だったのを思い出します。

アニメの作画のクオリティも高くて当時の私は絵を描いたりするのが好きだったので釘付けになってました(笑)

アニメで流れる曲もFLOWさんの「DAYS」が流れていたり当時この曲もかなり流行していました。

ストーリーはネタバレなしで語るのが非常に難しいですが、ちらりとご紹介しておきます。

舞台はとある惑星、スカブ・コーラルと呼ばれる珊瑚のような大地が地表を覆い、目に見えない未知の粒子トラパーの波が大気中を漂っている世界。

主人公は辺境の街ベルフォレストに住むレントン・サーストン。

彼はトラパーの波に乗って空を飛び回るスポーツ「リフ」が大好きな14歳。

ある日、突然見たこともないLFO(州軍などが使う軍事用人型の乗り物)が主人公レントンの自宅に墜落します。

その中から現れたのは、メインヒロイン「エウレカ」という名の少女が現れます。

そしてレントンは、エウレカがホランド率いる反軍組織、ゲッコーステイトの一員だということを知ります。

その後、レントンはエウレカの乗るLFOと呼ばれる戦闘兵器ニルヴァーシュに、アミタ・ドライヴという拡張パーツを届けるよう祖父に命じられます。

自分に与えられた使命のため、突如現れたエウレカへ想いを伝えるため、レントンは空へと飛び出して行きます。

そしてレントンは、ゲッコーステイトのリーダーであるホランドとエウレカの誘いを受け、旅立ちを決意。

やがて様々な出会いや経験を得て少年は成長し、その少年のひたむきさがエウレカ、ホランド、そして世界の運命を変えてゆくと言った流れになります。

ネタバレを抑えつつなので、かなり簡素にまとめていますが単なるロボットアニメではなく、恋愛要素が入っていたりするので女性にも人気だったりします。

とりあえずこの辺でエウレカセブンのご紹介は終わります。

そして気になるイームズ夫妻がエウレカセブンに登場している?といったところ。

実は主人公に両親がおらず祖父と暮らしていたのですが、物語が進む中で養子としてとある夫婦に引き取られることになります。

そうこの主人公を養子として迎える夫婦があのイームズ夫妻を元に作られたのではないかと噂されているのです!

なぜそう言われているのかと言いますと、夫婦の名前がまさにイームズを連想させるのです。

イームズ夫妻と言えば、夫:チャールズ・イームズ/妻:レイ・イームズですが、エウレカセブンの主人公を養子に迎える夫婦の名前が、夫:チャールズ・ビームス/妻:レイ・ビームスなんです!

まぁ、名前以外にはこれといった共通点はないんですが、劇場版が改めてリメイクされた今になって再発見しました!

名前の由来に関して改めて調べてみると、歌手のレイ・チャールズが由来だとも言われているみたいです。

確かに音楽と融合したアニメなだけにそこも意図されていたのかもしれませんね。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、ビームス夫妻、あのアパレルブランド「BEAMS」さんともかかっているらしいです。

実際にコラボしていたこともあったとのことです。

こうして有名な作品やブランドに自分が知っているデザイナーの名前に由来を受けたかもしれない人物が登場すると、親でもないのに嬉しい気持ちになりますね(笑)

他にもイームズアイテムが実際に映画に登場していたりすると、同じものが自分の部屋にあるとただ作品を見て楽しむだけでなく+αのなんとも言えない喜びを感じます。

皆さんもこんなところでイームズを発見したとかあれば教えて欲しいですね!

The following two tabs change content below.
ヨシタ

ヨシタ

webマネージャー
趣味嗜好:JAZZ、レコード、旅行、家電、LCW、辛みそラーメン、細か過ぎて伝わらないモノマネ

この記事のライターに直接メッセージを送れます!
お気軽にどんどん送ってください!(メッセージは公開されません)

ニックネーム

メールアドレス

メッセージ

確認画面は表示されずに送信されます。この内容でよろしければチェックをしてください。