ナチュラルカラーのテレビ台
村上 博
村上 博

こんにちは、vanillaの村上です。
「わたしのコレ」以外の更新が少なくなってしまったvanilla magですが、今日はがっつりと普通の記事を。

vanillaのオリジナルブランド、826STANDARDに新しい商品が加わります。
UNITシリーズのナチュラルカラーです。

ナチュラルカラーのUNIT
ナチュラルカラーのUNIT

以前からご要望はいただいておりましたが、実現にかなりの時間がかかってしまいました。
これまでのブラウンとは仕上げの塗装が異なるだけなのですが、良くも悪くもブラウンは『粗』を隠せておりました。桐特有の色味のばらつきや黒ずみなど、試作をするまでもなく予想できたので、どう解消しようかと。

とりあえずサンプルを作ってみたところ、意外に良くて感動。
天然木の無垢材だからバラツキがあって当然。プリント物にはない、とてつもなくいい顔を見せてくれました。

幅接ぎによる色味の違い
幅接ぎによる色味の違い

ブラウンはかなりミッドセンチュリー強めですが、ナチュラルにしただけで急にモダンな雰囲気に。アルミのツマミで甘さを抑えて。
ベンチはビーチ材(ブナ材)なので桐よりも少し赤みがあり、淡いツートンカラーに。ネオミッドセンチュリーと名付けたい。

無垢材ならではの特徴

ただ、クリア塗装だけに素材本来の表情も見えてきます。
ブラウンでは隠せていた黒ずみや、節穴。節穴に関してはパテ埋めをしているので、穴がどんどん拡大することはありません。また、出来るだけ内側や裏面になるように製造してもらっています。

グレーのドアボックス
グレーのドアボックス

それを加味しても、いかがでしょうこのビジュアル。
ドアボックスのドアはライトグレーです。面積が広い分、これ以上濃いグレーだとちょっと重く、薄いと甘くなっちゃうしアルミのツマミが活きないので、絶妙なカラーだと思っています!このコンビ、かなり今っぽくてカッコいいですよね!
上の写真は脚にヘアピンレッグを使っていますが、もちろんナチュラルカラーの木脚もあります。

テレビ台の引き出し単品を追加
テレビ台の引き出し単品を追加 両方引き出しに対応

また、テレビ台のAVボックスですが、引き出しをオプションで追加できるようになりました。
今まで引き出しが片方しかないデザインでした。真ん中にレコーダーを入れ、外部HDDを収納するスペースも必須だと想定したからです。
これについても多くのお客様から、両方引き出しにしたいとのご要望をいただき、ようやくお応えすることになりました。
お待たせしてしまい、申し訳ございません。

vanilla utsunomiya、vanilla koriyama の2店舗ではすでに展示が始まっております。オンラインショップでの販売は8月2日を目標に動いております。
もう少々お待ちください。

●2019.8.2 追記
826STANDARD UNIT ナチュラルタイプ、公開となりました!

ページトップへもどる