村上 博
村上 博

コーヒーブームが続いていますね!
コーヒーショップやコーヒースタンドといった言葉もよく耳にするようになりました。
また、自分で豆を挽いてハンドドリップするのが好きという人も多いでしょう。僕もその1人です。最近は近場で上質な豆を購入できるようになったのでとってもありがたいです!

コーヒーカップにゴブレットマグを

コーヒーカップにゴブレットマグを

僕は毎朝お風呂掃除の後にコーヒーを淹れるのがルーチンです。
いろいろ試しましたが、深煎りのグァテマラを32gくらい粗挽きして600mlくらい落としたり、中煎りのエチオピアを40g粗めに挽いて落とすか、25gでフレンチプレスで淹れるかが今のお気に入り。

毎朝いろいろ変えながら味の違いを楽しんでます。
豆は近所にできたスペシャルティコーヒー豆の専門店。焙煎機は直火式と熱風式の両方の性質をもったハイブリットタイプだそうです。

だから、焙煎してからの賞味期間が長く、むしろ2週間くらい経ってから本来の旨みが出てくるような焙煎豆なんだそうです。
立ち上がりが遅いという表現もされてますね。
直火式は立ち上がりが早く、翌日から旨みが出るそうですが、劣化が早く長持ちしないとか。 深い。深いですね〜。

そんなこだわりの豆で、自分でドリップしているからこそ、コーヒーカップにもこだわりたいんです。

ゴブレットマグでコーヒータイム

ゴブレットマグでコーヒータイム

同じようにコーヒーカップにもこだわってコーヒーを愉しみたい、さらに、イームズやミッドセンチュリー好きな方におすすめしたいのがゴブレットマグです。

初回入荷分はありがたいことに数日で完売し、先日2回目のロットが入荷して、これもかなり早いペースでご注文いただいています。
5色全部というご注文も多く、ホントにありがたい次第です!

ゴブレットマグ全色

ゴブレットマグ全色

実はこのマグ、発売開始直後から予想外な反応を見せています。
同業者の方やお取引先の方、スタイリストさんから

「あれ好きだわ〜」

とご連絡いただき、ご注文までも。

正直これにはビックリです。
もちろん素直にめちゃめちゃ嬉しいです。本当にありがとうございます。
自分が毎朝コーヒーを飲む時に使いたいマグという考えからデザインを模索し始めましたが、こんなに共感していただけるとは思いませんでした。

もちろん、何じゃこりゃ!と嫌う方もいると思います。
それでいいんです。
誰にでも好かれるということは、VANILLAらしくないことだと思っています。

「世界中に発信したい」とまでは思っておりませんが、少なくともミッドセンチュリーとコーヒーが好きな日本人なら誰もが知っている!くらいまで知られたら嬉しいですね。

いや、それもかなりハードル高いか(汗)

ちなみに、コーヒーカップの色でコーヒーの味が変るそうです!
ホントがい!?(福島弁)

もちろん科学的にではなく、目で見た情報で脳が何かを察知して味覚に影響が出るんだと思いますが。。。

ってことは目隠ししたら全く同じ味ということですかね?
僕も今度ゴブレットマグ5色で同じコーヒーの味の違いを試してみようと思います!

コーヒーカップに合わせる新しいコースター

コーヒーカップに合わせる新しいコースター ウィスキーカラー

ゴブレットマグは826STANDARDというブランドのコーヒーカップです。もちろん紅茶でも牛乳でも使えます。

ついでに826STANDARDのコースターも作りました!
発売はもうちょっと先の予定です。少々お待ちください。

角丸の9cm角の正方形ですが、写真のように斜め45°で使っていただくとロゴが本来の角度になるデザイン。
シンプルですが、ゴブレットマグ同様にミッドセンチュリーを感じていただけると嬉しいです。
カラーはウィスキーとバーガンディの2色となります。

826STANDARDはVANILLAのオリジナルブランド。
「ハチニーロク スタンダード」と読みます!
ミッドセンチュリーテイストを持ちながら、現代の生活にもフィットするバニラ独自の商品を展開します。
過度な装飾や高価な素材、オーバースペックな品質にこだわらず、「デザイン品質価格バランスを保ったミッドセンチュリー」を目指したブランドです。

さて、明日の朝はどの色のコーヒーカップ(ゴブレットマグ)で愉しもうかな♪

ページトップへもどる