佐川 奬
佐川 奬

長い自粛期間中、友人知人に連絡をしてみると皆どんな風に過ごしてる?という話がよく挙がりました。
あまり大したことはしていなかったものの、割と料理は作っていたな・と思い返し、この記事を書いている間に自分なりにおうち時間の良い過ごし方の一つにたどり着いたので、少しご紹介をしたいと思います。

私は料理が好き・美味しいものが好きということもあり元から自炊はしていましたが、それでも毎日のことなので手抜きの時だって当然あり、外食に行くことだってありました。
それがこのコロナの影響で外に食べに行くこともままならなくなると、自分で作る料理も極力美味しいもの、美味しそうに見えるものにしたいと、ちょっと手間をかけて料理をするようになった気がします。

メルマガでも書きましたが、普段は買わないナルトを買って、チャーシューからチャーハンを作ってみたり

チャーハンは唐揚げの残り油を使うとより美味しいと覚えました
チャーハンは唐揚げの残り油を使うとより美味しいと覚えました

今まではあまりしなかったクリーム系のパスタを作ってみたりもしました。

クリーム系は久しぶりに作った気がします
クリーム系は久しぶりに作った気がします

(自分なりに)ちゃんと盛り付けると手料理でもそれなりに見えるもので、オンライン飲み会でも出来合いを盛り付けるだけでしたが、ワンランク上がったような気もします。

飲み会気分を味わうべく、ちょっと奮発
飲み会気分を味わうべく、ちょっと奮発

ちなみにこの記事を書くため少し調べたのですが、「食事を美味しく感じること」というのは視覚情報が8割から9割にもなるそうです。
確かに外食の時も「美味しそう」な料理が運ばれてきた時点でテンションが上がりますから、ちゃんと盛り付ける・というのもあながち間違ってはなかったようです。

今だと飲食のテイクアウトも盛んになっていますし、洗う手間は増えますが、お気に入りのお皿に盛り付けるだけでもさらに満足度が上がるかもしれませんね。

ようやく緊急事態宣言が全国でも解除はされましたが、それでも人が密集するような場所は避ける・なるべくマスクを着用をする・手洗いをしっかりする等といったいわゆる新しい生活様式というのは今後基本となっていくはず。

以前と比べて自宅で過ごす機会もまだまだ多くなるでしょうから、食事や料理に興味があれば盛り付けにも少しこだわってみると、良いおうち時間が過ごせるはずですよ、と下手の横好きなりに今回ご紹介をしてみました。

この記事に登場した商品

 

 

メッセージを送る

メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



ページトップへもどる