カリモク60 Kチェア 樽ものがたり ベスパ
吉田 淳徳
吉田 淳徳

お待たせしました。

「カリモク60ファン必見の新作発表会に参加してきました」でご紹介した、新作がいよいよ登場します!

今回の限定はいずれも店頭でのみ取扱いとなりますが、店頭に行って確かめたくなる魅力的なKチェアです。

まずは「YURIHIMURO SHIBA」シリーズから。

「YURIHIMURO SHIBA」を使ったカスタマイズが楽しめるカリモク60 Kチェア

「YURIHIMURO SHIBA」を使ったカスタマイズが楽しめるカリモク60 Kチェア

通常のカリモク60 Kチェア タープグリーンをベースに、YURIHIMUROさんのSHIBAというファブリックを使ったアイテム。

YURIHIMUROさんとは
●氷室友里/Yuri Himuro 経歴 1989 東京生まれ
2011 多摩美術大学テキスタイルデザイン専攻卒業
2012 Aalto University MA Textile Art & design 留学(FINLAND)
2013 多摩美術大学大学院テキスタイルデザイン領域修了
2017 IFFTにてYoung Designer Award2017受賞
アメリカのデザイン誌dwellが選ぶ注目の若手デザイナーYoungGuns 2017に選出。
2018 Salone Satellite Award 2018 THIRD PRIZE 受賞。

このSHIBAというファブリックは通常の生地とは異なり、ハサミで生地の表面をカットしていくことで柄が浮かび上がってきます。
HIMUROさんは「人と布との関わりの中に、驚きや楽しさをもたらす」ことをテーマにテキスタイルをデザインされているそうです。

「YURIHIMURO SHIBA」

「YURIHIMURO SHIBA」

一見普通のタープグリーンですが、背面からみると楽しい表情が目に飛び込んでくる、「普遍性と遊び心がマッチしたKチェア」です。

また「YURIHIMURO SHIBA」は通常のKチェア2シーター、1シーターの他にKチェアミニも展開されます。

通常のKチェアの60%サイズで作られているKチェアミニはお子さんが実際に座ることもできるソファですが、このSHIBAを使ったKチェアミニならより可愛らしさが楽しめますね。

「YURIHIMURO SHIBA」を使ったKチェアミニ

「YURIHIMURO SHIBA」を使ったKチェアミニ

プレートにはYURIHIMUROさんとのコラボであることを証明するカリモク60とセットの限定プレートも付いてきます。

「YURIHIMURO」と「カリモク60」のコラボの証であるプレート

「YURIHIMURO」と「カリモク60」のコラボの証であるプレート

KチェアミニとKチェアを揃えて使うのもオススメですね。
生地は同じものを使用するため柄のサイズ感が違って見えるのも楽しいです。

通常サイズのKチェアとKチェアミニで見え方が変わる生地

通常サイズのKチェアとKチェアミニで見え方が変わる生地

SHIBAという名前の通り芝刈り機を持った人の後ろをジグザグにカットしたり、綺麗にまっすぐカットしてみたりとカットの仕方でも表情の変化が楽しめますし、隠された動物や植物を探すのも楽しいですね。

カリモク60 Kチェア SHIBA タープグリーンの生地を切ると現れる絵柄達

カリモク60 Kチェア SHIBA タープグリーンの生地を切ると現れる絵柄達

またクッションカバーも発売されるとのことです!
前回の新作展示会でサンプルがあったのを撮影していたのでお見せします。
合わせて使うのもオススメですが、インテリアのワンポイントとして使うのにもオススメだと思います。

「YURIHIMURO SHIBA」を使ったクッション

「YURIHIMURO SHIBA」を使ったクッション

 

では次にご紹介するのは「Kチェア サントリー樽ものがたり」

Kチェア サントリー樽ものがたり

Kチェア サントリー樽ものがたり

こちらのKチェアはサントリーウイスキーで実際に使われている木製樽を原材料として木部のパーツが作られているタイプで、ひときわ味のあるKチェアになっています。

ウイスキー樽に使用されるのは、ゆっくりと成長し、堅牢でとても緻密な木材の高級な「ホワイトオーク」。
樽には原酒の漏れがないようにホワイトオークを板の狂いが最も少ない柾目で挽き使用します。一般的に柾目挽きは、丸太から2割も取れないもので、こうした贅沢な材料で樽は作られています。
カリモクの方のたとえでは「マグロで言えば大トロがたくさん使われているのがウイスキー樽なんですよ」とのこと。
かなり贅沢ですよね!

サントリー ウイスキーを実際に熟成させてきた樽

サントリー ウイスキーを実際に熟成させてきた樽

こうした高級な木材で作られたウイスキー樽は数十年かけて熟成を繰り返し、やがて役目を終えます。
カリモク60はロングライフをテーマにされたブランド。ウイスキーの樽材として長い時間を経てより一層魅力的になった木材はどこかこの「ロングライフ」と通じるものがあります。

また樽材として使用されてきた証でもある、樽材特有のウイスキーの染み跡、釘痕、釘シミが見受けられるそうです。
これを傷や汚れとして捉えるのではなく、木材が刻んできた歴史として楽しんでいただけるかと思います。

ウイスキーを熟成させてきた樽独特の風合いが感じられる仕上げ

ウイスキーを熟成させてきた樽独特の風合いが感じられる仕上げ

こんな贅沢なKチェアに座りながらウイスキーを飲めたならより一層贅沢な時間を過ごせることでしょう。

こちらにも勿論、限定仕様であるプレートが付いてきます。

カリモク60とサントリー樽ものがたりのプレート

カリモク60とサントリー樽ものがたりのプレート

さて、気になる価格や発売の時期についてはこちら。

Kチェア YURIHIMURO SHIBA
1シーター W361702400/¥56,700(税込)
2シーター W361732400/¥93,960(税込)
クッションカバー K365022400/¥12,960(税込)

KチェアミニYURIHIMURO SHIBA
W361202400/¥42,660(税込)

Kチェア サントリー樽ものがたり
1シーター W36240BEG/¥78,840(税込)
2シーター W36243BEG/¥115,020(税込)

発売開始は2018年9月28日(金)予定です!
クッションカバーのみ10月から発売開始予定です。

ぜひ気になる方はお近くの取扱店まで事前にご確認の上、店頭まで足をお運びください!

もちろんvanilla utsunomiyavanilla koriyamaでも取扱い予定です。

ページトップへもどる