イームズチェアDSXは隠れた名品
新妻 悟

ミッドセンチュリーのアイコン的なインテリアとして知られるイームズチェア。1940年〜60年頃から続くその普遍的なデザインは、一つのジャンルとして確立し今では幅広い世代に愛されるデザインとして知られています。

実はイームズチェアという椅子はない

インテリアに興味を持ったことがある人なら一度は耳にする「イームズ」。そのイームズがデザインした椅子を買いたいと思って「イームズチェア」を検索するわけですが、おそらくたくさんのデザインが出てくると思います。それもそのはずで、イームズチェアは正式な名称ではなく、イームズサイドシェルチェアやアームシェルチェア、プライウッドダイニングチェアなどそれぞれでちゃんと名前があって、それらをまとめて愛称としてイームズチェアとして表現されているわけですね。なので、厳密に言うとイームズチェアは一つの椅子の名前ではないんです。イームズデザインを正規販売しているvanillaでも敬意を込めてイームズチェアの表現を使うことがあります。

さらに細かい話をするとリプロダクト品と呼ばれる正規品ではないものも出回っています。それらもイームズの名前を使っているので、イームズチェアで検索すると正規品と混在して出てきてしまうんですね。ちゃんと見れば正規品かそうでないかはわかりますが、その存在を知らずに正規品と思ってリプロダクト品を買ってしまうのはもったいないかなと思います。

シンプルな機能美を持つDSX

さて今日はその数あるイームズチェアの中でもニイツマ個人的に隠れた名品だなと思う、「DSX」をご紹介しようと思います。イームズチェアと聞くと定番の「DSR」が思い浮かぶ方が多いのではないでしょうか?ベースと呼ばれる脚の部分がワイヤーで作られたもので正式にはロッドワイヤーベースですが、エッフェル塔の様な見た目からそのままエッフェルベースなんても呼ばれたりします。

不動の名作DSRはMr.イームズチェアと呼ぶに相応しい存在

一方「DSX」は4レッグベースと呼ばれるオーソドックスな4本脚のデザインです。イームズチェアに関してはエッフェルベースのイメージが先行していることもあってか、このDSXに少し新鮮さすら感じます。エッフェルベースも4本脚に違いはありませんが、DSXはワイヤーの複雑な構造はなく、一般的な木製の椅子のように座面下がスッキリしているのが特徴です。正直このDSXの方が一般的な椅子っぽいフォルムだと思いませんか?お子さんとかに椅子の絵を描かせたらきっと4本脚の椅子を描くはずですよね。

定番DSRとDSXのベース比較
定番DSRとDSXのベース比較
イームズコントラクトベーステーブルとの相性もよし
イームズコントラクトベーステーブルとの相性もよし

そしてこの4本脚は座りやすいんです。シェルの作りなどはもちろん一緒ですが、シンプルな4本脚になることで、座った時の自分の脚の収まりが良くなります。個人の癖といえばそうですが、脚を中に入れたりあるいは”ぶらぶら”させたり。何気にこれができる椅子とできない椅子とでは小さなストレスになる場合があります。他にも無駄のないデザインはお部屋のインテリア自体スッキリ見せてくれますので、ミニマルな空間にしたい方にもおすすめです。

エッフェルベースは足がぶつかります
エッフェルベースは足がぶつかります
こんな風に座る方いませんか?
こんな風に座る方いませんか?

オリジナルデザインの魅力

DSX、DSRときましたがそれ以外にもイームズチェアにはDSWやDSSと呼ばれる仕様もあります。DSWは脚の部分に木製パーツが使われているもので、ウッドレッグやダウェルベースと呼ばれます。DSSは脚が左右に連結ができたり、複数脚重ねて使うことができるもので、スタッキングベースと呼ばれます。どれもイームズチェアが生まれた当時からあったものですが、この中でもDSRとDSWはリプロダクト品が特に多く出回っています。

イームズチェア正規品一覧はこちらから

正規販売店に行って実際に触れて座ってみればその違いはわかりますが、正直なところECサイトの小さなお写真1枚とか、そのシルエットを見ただけでは正規品かリプロダクト品かを断定できる手段はほぼありません。ですが、DSXに関してはリプロダクト品がそれほど出回っていません。ニイツマの調べ漏れがある可能性はゼロではありませんが、DSRやDSWと比べると圧倒的に少なく、DSXの形を見ただけでハーマンミラーの正規品であることがわかるんですよね。

シルエットでわかるのがオリジナル
シルエットでわかるのがオリジナル

正規品・オリジナル品を選び使うということは一つのステータスにもなりますし、何より買ってから満足度が上がっていきます。見た目だけを真似て作られたものはその完成がゴールですが、オリジナル品は買ってから使う人の生活の豊かさにつながることがゴールになっています。だからこそデザインされてから半世紀以上経った今でも世界中で愛され、長く使うために保証などのアフターサービスも整っています。

また、イームズのオリジナルの魅力を存分に楽しみたい方は、郡山店で開催されるイームズエキシビジョン2021をぜひチェックしてみてください。トークショーや秘蔵のヴィンテージ品の販売などを予定しております。

今なら在庫があります

通常DSXは受注生産品となるので、数ヶ月お時間をいただくことになります。昨今のコロナ禍もあり、変動的な納期状況です。今回vanillaではDSXスパロー×クロームベースを少量ですがすぐにお届けできる在庫をご用意しました。スパローはグレー系の色味で幅広いインテリアシーンで合わせやすく、ここ数年でも人気が出てきているカラーです。インスタライブでもご紹介した、ジャパンディスタイルなどでも取り入れやすい仕様かと思いますので、ぜひこの機会にチェックしてみてくださいね。もちろんグライズキャップもプレゼントです。

おしゃれは足元からという言葉もありますので、定番イームズチェアもその脚の選び方をこだわってみるとさらにインテリアが楽しめます。美しい脚を持つDSXぜひチェックしてみてくださいね。

美しい足といえばゴブレットマグ
美しい足といえばゴブレットマグ

この記事に登場した商品


    メッセージを送る

    メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



    ページトップへもどる