KNSのリビングテーブル カラーウッドシリーズ
佐川 奬

ソファを持っている方で、テーブルを合わせていない方ってどれだけいるでしょう?
たぶんほとんどの方がソファの近くに何かしらテーブル、もしくはワゴンだったりテーブルに近い物を使っているはず。

今回は「ソファは決まった、さあ次はリビングテーブルを決めよう!」という方に読んでいただきたい、リビングテーブルの高さについてのお話です。

今回は軽食くらいの使い方を想定

まずリビング空間で使うテーブルには、ソファの正面に置くセンターテーブル、ローテーブルとも呼ばれるリビングテーブル、ソファ横に置いたり自分の居場所に合わせて動かして使うサイドテーブル等があります。

カリモク60 リビングテーブルL ウォールナット
カリモク60 リビングテーブルL ウォールナット

では次に、実際リビングで寛ぐと言った時にはどんなことを想定しているでしょうか?
コーヒーを飲んだり、スイーツを食べたり、読書をしたり、映画を観たりと色々あるでしょう。
そうした時リビングテーブルはどんな高さが良いのか、具体的な数字でご説明をします。

※食事に関しては寛ぐとはまた別の行為になるため、今回はお皿を持って食べられるトーストやケーキくらいの軽食に絞ります。
しっかりとした食事をする際の話はまた別の記事でご紹介していますので、気になる方はこちらもご覧ください。


「ソファの座面高から+0〜5cm」がセオリー

マルニ60のオークフレームチェアとコーヒーテーブルは0.8cm差
マルニ60のオークフレームチェアとコーヒーテーブルは0.8cm差

まず結論から言いますと、ソファに座ってリビングテーブルを使用される場合、高さは「ソファの座面高から+0〜5cm」がちょうどいい高さと言われます。

例えば、当店で定番のソファカリモク60 Kチェアを基準にするならば、Kチェアの座面高は37cmですからテーブル高は37cm〜42cmぐらい。同ブランドのロビーチェアの座面高は39cmですので、この場合39〜44cmくらいの高さが理想的といえます。

カリモク60ロビーチェア(左)とKチェア(右)
カリモク60ロビーチェア(左)とKチェア(右)

見た目重視でリビングの主役ソファを引き立たせるならば、低めのテーブルの方が相性は良いです。ソファと同じ高さか、ちょっと低いくらいでもいいかもしれません。

しかしだからといって低すぎるものを選ぶと、今度はソファに座った状態でテーブルの上の物を取ったり置いたりが苦しくなってきます。ソファに座っている間コーヒーカップをずっと手に持っている、ということもないでしょうし、この場合はソファの座面+5cmくらいでちょうど良くなるはずです。

そういった意味で、ソファの座面高から+0〜5cmというのはひとつの基準となるのです。


ちなみに高さ30cm前後のテーブルだとどうなるかというと、こんな具合。

高32.5cmのテーブルと座面高37cmのソファ
高32.5cmのテーブルと座面高37cmのソファ

マグカップを手に取るにもかなり前傾姿勢になります。

一般的に座卓、ちゃぶ台などは35cm前後で作られることが多く、30cm前後のリビングテーブルはもはや床座りのほうが使いやすい高さとなっていますので、ここまで来たらソファに座って優雅に食事…というのはすっぱり諦めて床座りで使うと良いでしょう。


カリモク60のリビングテーブルはなんで48cm?

前述した通り、一般的なセオリーとして理想的なリビングテーブルの高さは「ソファの座面高+0〜5cm」。これは本格的な食事を除いた「寛ぐ」ことをメインの使い方にした場合です。

え?じゃあカリモク60のリビングテーブルは高さが48cmあるから、カリモク60のソファより5cm以上高いじゃないか!と思われるでしょう。

ここがカリモクさんの絶妙なところで、リビングで”寛ぐ”ことがメインではあるけれど、食事もギリギリとれなくはない高さに設定されているんですよね。

ソファに座った状態でテレビを見るにも邪魔をせず、リビングで寛ぐことができる、かつ食事もギリギリ取れる高さは、上記の「ソファの座面高+0〜5cmよりも少し高いぐらい」が理想的と言えます。
カリモク60のリビングテーブルはまさにその高さである48cmという絶妙な高さに設定されているのです。

カリモク60 リビングテーブルで食事
カリモク60 リビングテーブルで食事

写真をご覧いただくと分かりますが、テーブルは膝より少し低いくらい。前屈みではありますがパスタなどのお皿を置いたまま食べる料理も食べれなくはない高さで、食事を提供する喫茶店やカフェといった空間でもお使いいただけます。
食事をメインにするのであればやや苦しいですが、コーヒーと軽いスイーツくらいならこのセットでも十分にお使いいただけるでしょう。

ただし一つ注意が必要なのが、この高さは床座りの人からは使いということ。

高さ48cmのテーブルは床座りとの相性はよくありません
高さ48cmのテーブルは床座りとの相性はよくありません

上の写真をご覧いただくと分かりますが、腕がかなり高い位置に来ています。長時間作業をしたり、食事をするのには不向きですね。

これまではソファで寛ぐことを主軸にしていたので30cm前後は低いとお話してきましたが、これが床座りとなると話は別で、床座りでテーブルを囲むのであれば30〜35cmほどの高さが理想的です。
当店で言えばカリモクニュースタンダード(KNS)のカラーウッドテーブルなどが使いやすい高さですね。

カラーウッドの高さは32.5cm。床座りでの作業がしやすい高さです。
カラーウッドの高さは32.5cm。床座りでの作業がしやすい高さです。

先ほどに比べだいぶ自然な高さになっていることが分かるはずです。

このようにソファに座った状態で何をするかによって、理想的な高さは変わります。
ご自身でどんな使い方をするかを決めたなら、今回の話を思い出していただいてテーブルを探してみてください。

この記事に登場した商品

    メッセージを送る

    メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



    ページトップへもどる