剣持勇スツールラタン
ムラカミ

最近剣持スツールのラタンをオンラインショップにアップしました。まだご覧になっていない方は「秋田木工 剣持スツール」からどうぞ!
撮影した写真の数は軽く100枚をオーバー。それだけフォトジェニックなアイテムだったのです、僕にとっては。見れば見るほど変色したラタンの表情が目に浮かびます。

脚やフレームも色味が少し濃くなるので、本当にワクワクする椅子だと思っています。実は僕は板座のファブリックタイプも2脚所有しています。それぞれ良いところがあるのでラタンが最高とは言い切れませんが、それでもかなりいい感じです。笑

尾道デニムと剣持スツール

僕らしいと言えるファーストビジュアル。少し色落ちしたジーンズを置いての撮影。
経年変化を劣化と捉える人もいるかもしれませんが、いいじゃないですか。人も歳と共の味を出してくるわけですし。肌色のヌメ側が飴色に変化した状態を想像すると、愛着をもって大切に使うみたいな。きっと何年も。

きっと何年経っても
こうして変わらぬ気持ちで
過ごしてゆけるのね
あなとだから
ずっと心に描く未来予想図は
ほら 思った通りに叶えられてく

まさに。名曲「未来予想図||」のような椅子。

国産のデニムと国産のスツール

実は撮影をする日、このジーンズを持参するのを忘れました。でも光はいい感じに入っていたので戻って持ってくる時間は惜しい。
え〜い仕方ない!たまたまその日は履いていた同じブランドのジーンズを脱ぎ脱ぎ。(別にブランドを隠す必要はないですね。大好きなリゾルトの710です。)
つまりこの写真は僕が下半身パンツ一丁で撮ったもの。笑
平日の午前9時。お客様は来ないけど、いつ運送会社の方が来てもおかしくない時間帯。 めっちゃドキドキしながら撮ったのを覚えています。何事もなく済みました。

座ってみるとわずかに感じるクッション性

気を取り直して座り画。ラタンの面積がちょど良く、お尻がすっぽり収まる感じ。ついつい触りたくなるのは曲木の脚のトップ。本当に木なのだろうかと思うくらい綺麗に曲げられています。芸術的な美しさです。そして国産家具としては珍しいこの細さ。ヤボったさが皆無!

artekのスツール60と

北欧の名作、アルヴァ・アアルトのスツール60。このスツールもLレッグと言って脚が曲げられていますが、曲げ方が全く異なります。これはこれで美しい。そしてかわいい。どちらもスタッキングした様がめちゃくちゃフォトジェニックなんですよね。
並べて見ると座面の高さはほぼ一緒。でもやっぱり座り心地はラタンに軍配が上がります。

静かに座りましょう

1つデメリットを挙げるなら、座面の耐久性。こういう家具はついつい高いところにある物を取るための踏み台にしがちですが、ラタンに全体重を乗せるのはNG。それは板座のスツールの方が向いています。
剣持スツールラタンはあくまでもお尻で座る椅子。
写真のように、勢いよくドーンと座るのも避けた方が長持ちします。あくまでも普通に使っていれば良いだけなのですが。
これらを知らない人が多い公共施設や飲食店、カフェなどで利用すると、いつの間にか壊れているなんてことが起きかねません。わざわざそれを伝えるポップを作るなんてありえないでしょうし。

なので、このスツールは個人宅でご自身やご家族用として使っていただきたいのです。
きっと良い味を出してくれます。

この記事に登場した商品

    メッセージを送る

    メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



    ページトップへもどる