botto Three Colors/あか
ニイツマ
ニイツマ

vanillaのニイツマです。

先日ローンチしたvanillaオリジナルプロダクトのbotto(ボットー)の第二弾ですが、ご覧になられましたか?オンラインショップはもちろん、vanilla楽天市場店やvanillaの各実店舗でも展示しておりますので、まだの方はぜひご覧になってみてくださいね。

11月30日(水)までは第二弾の発売を記念したオータムキャンペーンも開催中です。20%OFFで購入できたり、最大5,000ポイントのプレゼントの盛りだくさんの内容になっています。今回のブログでは第二弾のbottoをご紹介していきますので、購入を迷われている方の参考になれば嬉しいです。

botto全商品はこちら

第二弾のテーマは”デスク”

今回のbotto第二弾はテーマが「デスク」です。ちなみに第一弾は「ソファ」。もちろんインテリアとして飾る場所は選びませんが、bottoにはコンセプトとは別にテーマがあるので、デザインだけでなくテーマも意識してみると選び方の参考になるかもしれません。第二弾のテーマがデスクということで、ニイツマ自身のデスク事情にも触れてみます。

ニイツマのデスク事情

意外と集中できる?ダイニングでの仕事

皆さんご自宅に自分のデスクはお持ちでしょうか?いわゆる自分の作業スペースです。ちゃんとした書斎として専用のお部屋で分けてる方もいれば、寝室やリビングの片隅にデスクを置いて作業スペースにしている方もいるかもしれません。

また、ここ数年当たり前になった在宅ワーク。急な働き方の変化でいきなりデスクを買い揃えるのが難しい方は、ダイニングで作業するという方も増えてきましたよね。そう言うニイツマも在宅で仕事をする機会が増えました。

ニイツマは賃貸住まいですが、間取りや部屋数の兼ね合いでデスクを置く余裕はなく…、ダイニングを食事とPC作業をする兼用のスペースとして使っています。最初はデスクがないと集中できない!と考えていましたが、意外とダイニングでの仕事も悪くないなと思い始めています。

お気に入りのインテリア小物

と言うのも、程よい生活感が逆に集中できる要因だと気づきました。PCでの作業の合間にふと視界に入ってくる、お気に入りのオブジェやリビング側にある椅子。箸休めはオーバーな表現ですが、作業には関係がないもののおかげで気持ち的に余裕が生まれて、作業も捗るんだなと思ったわけです。

bottoは一つのスイッチ

作業空間を考えると、PCなどの仕事道具が置ける場所(デスク、テーブル)と椅子さえあれば最低限の環境を整えることができます。そしてそこに、最新のガジェットやお気に入りのステーショナリーを揃えてかっちりキマった作業場。でも仕事に必要なものだけ揃えていくと、なんとなく寂しさを感じませんか?

お気に入りのガジェット

お気に入りの道具を揃えて、一見ミニマムでスッキリしたデスク。
でも何かが足りない。

足りないのは、”もの”ではなくちょっとした余裕なのかなと。ニイツマは実体験でそう感じました。余裕という表現は少し違うかもしれませんが、遊び心だったり、程よい”抜け”です。ずっと作業を続けてONの状態が続くと、”いい仕事”はできません。途中にOFFを挟むからこそ、いい仕事ができるわけですね。

そう考えた時にbottoは一つのスイッチのような役割を果たしてくれると思いました。

ムラカミのブログでもお話をしていますが、「生活に必要ないもの、それは心のゆとりそのもの」まさにその通りだと思います。収集癖があるニイツマとしては、無駄の数だけ豊かさはある。と付け加えたいですね。笑

もちろんbotto以外でも同じような役割を果たしてくれるオブジェはたくさんあります。ですが、bottoはインテリアの中でも悩むことが多い、壁面のインテリア問題も同時にクリアしてくれます。棚やテーブルなど置く場所がなくとも、壁さえあれば飾ることができるので、インテリアを楽しむ一つのきっかけとして考えていただければ嬉しいです。

馴染みのある「あか・あお・きいろ」

bottoの第二弾は全て45cmで大きすぎず小さすぎないちょうどいいサイズ。デザインは3種類で、アーティストの遠山敦さんに書き下ろしていただきました。採用したカラーは、色の三原色と言われる「赤・青・黄色」で、暮らしに馴染みのある3色を使っています。商品名はそのまま「あか・あお・きいろ」ですが、それぞれ色名だけでなく意味が込められていますので、詳しくは商品ページをご覧ください。

botto Three Colors/あか

bottoはファブリックアートをオリジナルの木製フレームで挟んでいます。木製フレームの木目の表情はもちろんですが、紙のポスターでは表現ができないファブリックならではの温もりが楽しめるのがbottoの魅力の一つです。PCやガジェットなどで無機質になりがちなデスク周りをちょっとだけ”ほっこり”させてくれるでしょう。オンラインミーティングの時に背景に映り込んでいれば、ミーティングのアイスブレイクにも。

botto Three Colors/左:あお 右:きいろ

今回は主にbottoの第二弾についてご紹介しましたが、第一弾も販売中です。ソファに寝そべってブレイクタイムにはぴったりなファブリックアートです。ぜひご覧になってみてくださいね。

この記事に登場した商品

vanilla楽天市場店はこちら

    メッセージを送る

    メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



    ページトップへもどる