カリモク60 Kチェアに新作 ミストグレーが登場!
吉田 淳徳
吉田 淳徳

カリモク60 Kチェアに新作「ミストグレー」が登場しました。グレーのソファは今までになく北欧テイストを感じさせる雰囲気。
新生地「ミストグレー」はウール素材のような手触りの柔らかさも特徴だそうです。

まずは「カリモク60 Kチェア ミストグレー」の全体像から。

そしてもはやおしゃれなソファの定番とも言える「カリモク60 Kチェア スタンダードブラック」と比較してみました。

定番のKチェア スタンダードブラックはアームなどの木パーツ部分はウォールナットカラーですが、新色のミストグレーはピュアビーチになっています。

定番のウォールナットカラーとスタンダードブラックの組み合わせとは異なり、グレーとナチュラルカラーの木部の組み合わせが北欧風な雰囲気を漂わせています。

カリモク60の新張り地「ミストグレー」はウールのような柔らかな手触り

カリモク60の新張り地「ミストグレー」はウールのような柔らかな手触り

今回新しく追加になったミストグレーは、一般的にポリエステルは、硬さを感じるタッチ感ですが、手触りの柔らかさがこの「ミストグレー」の特徴です。

耐久性や耐色性に優れたポリエステル糸(100%)を使用しながらも、ファブリックの表情に、ウールのような素材感を追求し再現されています。

糸を製造する際に芯となる糸に、ふんわり感のある糸(綿のようなといいますか)を絡ませることで、産毛感のある柔らかな印象をもたせた構造になっているので触れたときに柔らかな印象を与えます。
織りに凹凸感を出すことで、ソフトな手触り感、高級感を感じていただけます。
またツヤ感がなくマットな仕上がりと、繊細なミックス感のある色合いにより、天然繊維風にみえるのが特徴です。

ではここで今回追加されたミストグレーシリーズのラインナップを全てご紹介してみたいと思います。

そしてさらにソファで食事ができてカフェのようなインテリア空間を作れると非常に人気のカフェテーブル1200に新作が登場しました!

カフェテーブル1200はKチェアとロビーチェアでの食事を想定して作られているので、サイズ感はもちろん高さなども非常に使いやすく作られています。
さらにもう一つ優れているポイントとしては、出入りがしやすいようにテーブル脚が2本脚になっているので、ソファを合わせて使うにしても出入りの際の不便さを感じさせません。

天板はオーク突き板なのですが、木目を柾目だけで揃えるのではなくあえて不規則に張ることで木目の存在感が際立つ作りとなっています。

カリモク60+ カフェテーブル1200 ウォールナットの天板は木目が楽しめる

カリモク60+ カフェテーブル1200 ウォールナットの天板は木目が楽しめる

カフェテーブルはソファもダイニングテーブルも置きたいけどお部屋のスペースが足りないかたや出来るだけ部屋を広く使いたい方にぴったりなアイテム。
今までのカリモク60+ カフェテーブル1200は天板が白のメラミン化粧板で清潔感もあり非常に人気ではありましたが、今回追加になったウォールナット天板タイプは今までよりもよりインテリアに馴染みます。

すでに商品も入荷してきておりますので追加撮影ができましたらまた記事を作成していきたいと思います。

この記事に登場した商品

※価格は記事作成時の情報です。

ページトップへもどる