黒沢雅樹

vanilla郡山店のクロサワです。

今回は先日ご紹介したマルニ60マルチチェックヘリンボーンについて少し詳しくお話していきたいと思います!

今回使用した「マルチチェックヘリンボーン」の生地とは?

今回別注としてセレクトした生地はハリスツイードというアパレルで有名なメーカーの生地となっています。ハリスツイードはスコットランド北西に位置するアウターヘブリディーズ諸島にて、今もなお脚漕ぎ機械で織り上げています。 新しいデザインを取り入れながらも伝統は現代へと脈々と受け継がれている生地となっています。そんなハリスツイードの中でも、ヘリンボーンとチェックのミックスされた生地で、表情豊かなものをスタッフにより選ばせて頂きました!今の完全機械で大量生産で生産されている商品も悪くはないです、少し効率は悪くても人の手が入る商品は独特の温かみが感じられて僕は好きです!

マルニ60×ハリスツイード!

上記でご紹介しましたハリスツイードの生地を使用して出来上がったソファがこちら!見た目は可愛さもありますが、渋さも兼ね備えている何とも言えない良さがありますね。写真を見て頂ければ良さが伝わると思います。しっかりとしたウール感もありながら、触り心地は柔らか。こんな上品なウール地は初めて触りました、是非皆さんにも店頭で実際に触っていただきたい!

オークフレーム
オークフレーム
オークフレーム
ウォールナットフレーム
ウォールナットフレーム

ハリスツイードの経年変化について

こちらは当店スタッフの私物となります。ハリスツイードが使用されたもので手のひら側は革の雰囲気のある手袋です。約7~8年前に購入したようで余分な遊び毛がなくなり、表面は落ち着いた表情となっています。柄もよりはっきり見える気がします。クッションも長年い使用していくとこのような表情になっていくことが予想されます!自然由来の素材は経年とともに味が出るのがメリットですよね!

ウール生地のメンテナンスについて

ウール地となるとメンテナンスが難しいイメージがありますが、実は作業的にはそんなことはありません。基本的にはウールジャケットなどと同じく優しくブラシを定期的にかけて頂ければ基本的にはOK!強くブラシをかけると生地を傷めるので注意!ブラシをかける効果として摩擦による毛の絡まりを解し毛玉を発生しにくくする役割と、ウールに付着した埃を取り払う役割の2つを兼ね備えています。まさに一石二鳥ですね!また定期的に生地を乾燥されることも大事なポイントで、掃除の際などに風通しがよく日光がなるべく当たらない場所で乾燥させてください。ちなみに日光や蛍光灯の紫外線により変色しやすくなりますので、こちらも注意が必要です!

いかがでしたでしょうか?マルニ60×ハリスツイードはとても限定感がありますので是非この機会にご検討ください。

    メッセージを送る

    メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



    ページトップへもどる