ル・クルーゼ
佐川 奬
佐川 奬

第43回目のわたしのコレは、郡山スタッフのル・クルーゼ鍋です。


鋳物は重さと丈夫さが魅力

出ました、有名な鍋!どうしてこれを?

買ったと言うか、姉が結婚した際の引き出物(カタログギフト)でゲットしました。以前、テレビでル・クルーゼの番組を偶然見ていて、フランスのある地域ではおばあちゃんから代々引き継いでいる丈夫な鍋だと聞いてすごく興味を持ちました。
カタログの中にまさに狙っていたこれを見つけ、即決!もう6年ほど使っています。かなり重宝していますよ!

この形と色はル・クルーゼ独特
この形と色はル・クルーゼ独特

ル・クルーゼって結構ズッシリ感がありますよね?

はい、かなり。笑
先輩は重すぎるからもう使わないと、色違いを僕にくれました。笑 確かに女性が毎日使うにはちょっとキツいかもしれません。
でもこの重さのおかげで保温性が高かったり、圧力鍋のような効果があるんだと思います。こだわりを感じますね。

ル・クルーゼで男料理

どんな男料理を?

どちらかと言うと和食系が多いかも。
普通に白米や炊き込みご飯も美味しく炊けますが、カレーを作ることも。カレーって二日目も美味しいじゃないですか?ル・クルーゼならコンロに置きっぱにしても見た目が良いので重宝しますよ。

むしろ置きっぱなしにしたくなるル・クルーゼ鍋
むしろ置きっぱなしにしたくなるル・クルーゼ鍋

あと、豚肉のコーラ煮とかは超簡単。仕込んだらあとは煮るだけ。笑 分厚い豚肉がふわっふわに柔らかくなりますよ!
ル・クルーゼは鍋のまま食卓に出してもいい感じ。ステンレスのいわゆる調理道具とはちょっと違いますよね。
白菜と豚バラ肉のミルフィーユをル・クルーゼで作ると写真映えが凄い!笑

仕込みの時点で美味そう
仕込みの時点で美味そう

似たものでストウブという鋳物琺瑯もありますよね?

そっちも好きです!ちょっと無骨で。
ル・クルーゼはインテリア派、ストウブはアウトドア派みたいな印象といいますか。
僕の持っているル・クルーゼは定番のつるっとしたエナメルコーティングのものなんですが、金属のキッチンツールとか角ばったものをぶつけないようにしていて、ここはちょっとだけ気が張るポイントかもしれませんね。

わたしのコレとは…
自分が実際に使っていて、いいなとおもうもの。壊れたり、なくなったら同じものを買い直してしまうもの。廃番になったら買い置きしそうなもの。
インテリアショップの垣根を越えて、お客様に素直に「これいいですよ!」 と教えたくなるものを毎週連載する企画です。題して、わたしのコレクション→略して「わたしのコレ
バックナンバー

「わたしのコレ」バックナンバー一覧

メッセージを送る

メッセージはこの記事のライターにメールで送られます。ページ内には表示されません。



ページトップへもどる